Archive for 2016/02/24

酵素とは違う「GPCR」の製薬業界

酵素(エンザイム)とは体内と自然界に存在します。

人体の中に無数の種類と数、
自然界にも多く存在し、人間はそれを摂取して体内に取り込む。

他の業界はどうでしょう?
製薬業界はいままでと違い、
G蛋白受容体(GPCR)が創薬の主体となりつつある。
今後の新薬はほぼGPCRから生まれることでしょう。
特に、「偏頭痛」「抗うつ」や「認知症・アルツハイマー」などの分野で治験が進むだろう!


広告
牛樟芝の通称は「ルビーマッシュルーム・RUBY MUSHROOM」です。

紅敏風・小粒(ベニクスノキタケ・牛樟芝・トリテルペノイド・Triterpenoid) RASLE・紅敏風(ソフトカプセル・日本向け正規輸入品)・Extract of Antrodia Camphoretaの特徴
Goldenbiotechは独自の技術「固体培養」によりベニクスノキタケの量産に成功
Goldenbiotechの培養したベニクスノキタケの成分は天然のものとほぼ同じ。
高濃度の特許成分Antroquinonol(アントロキノノール・アメリカFDA P2申請中)を配合
名称:ベニクスノキタケ加工品
株式会社GoldenBiotecnorogy Japan

アメリカFDAで治験中のアントロキノノール成分「Hocena ホセナ


食物酵素には力が有る、生野菜や生果物、数年間熟成させた野菜野草くだものなども製品化させている。
酵素が苦手なもの「熱」です。
酵素の健康効果は日本をはじめ、諸外国でも研究評価されております。

確かに、万田酵素さんや大高酵素、越後薬草さんなどは「酵素界(エンザイム界)のガリバーです。」

酵素(enzyme・エンザイム)を損なわない、簡単なジューサーでヘルシージュースが作りたて、健康な営みを助ける。
健康雑誌、ファッション雑誌、週刊誌、新聞紙などで大好評